応募者全員 ママ応援キャンペーン!Amazonギフト券200円もらえる

AndroidTVを1年使用したメリット・デメリット。ほぼチューナーレススマートテレビとして活用中で、他のテレビに戻れない。

ドン・キホーテが発売した、Android TV(アンドロイドテレビ)搭載のディスプレイ「AndroidTV機能搭載チューナーレス スマートテレビ」が話題ですね。

ちょい

チューナーレステレビのコンセプトが、ほぼ我が家のテレビの使い方と同じ

ちょいお

テレビ番組ほとんど見てないからね

ちょい

AndroidTVが便利すぎて、テレビ番組見る機会が減ったね

この記事では、AndroidTVが気になる方に、AndroidTVを1年使った感想をレビューします。

結論としてはAndroidTVがこのブログを書いている「ちょい」の家のニーズとマッチして、今では普通のテレビはいらないです。もし誰かからAndroid機能がないテレビをもらっても、速攻でChromecast with Google TVをテレビに挿してスマートテレビ化してしまいそうです。

AndroidTVでテレビ番組を見ずに、YouTubeやアマゾンプライムを見ることがほとんどなので、チューナーレススマートテレビと一緒の使い方をしています。

AndroidTVやチューナーレススマートテレビは本当に使えるの?という方の参考になれば幸いです。

目次

AndroidTVと普通のテレビはどう違う?テレビとの付き合い方が変わった。

AndroidTVと普通のテレビの違いはインターネットに接続できて、音声操作ができることです。そして、アプリがダウンロードできるので、自分好みの動画が再生できるようにカスタマイズ可能。

インターネットに接続できて、アプリがダウンロードできて、音声操作ができてカスタマイズ可能って何かに似てると思いませんか?そうです、スマホです。スマートテレビと聞くと、なんか操作難しそうと思いますが、スマホなら大丈夫ですよね。

Android TVは我が家では映像再生特化型のスマホだと認識しています。AndroidTVを購入するまでは、テレビは暇つぶしの道具という認識が強かったです。まあまあ面白いけど、CMやCM後の繰り返しの内容が多くイライラすることがありました。

AndroidTVを購入したらライラする番組は見なくていいことに気づいたので、見たい番組を見たい時に楽しめてます。結果的に、無駄にテレビを見ている時間が減りました。

見たい番組や知りたい内容をAndroidTVで見て、終わったら消す。という使い方で、だらだらとテレビを見続けるということがなくなりました。

我が家で使っているAndroidTVの紹介

我が家で使っているAndroidTVはシャープの4K液晶テレビ「AQUOS(アクオス)」の40インチのテレビです。型番は4T-C40BJ1、2020年に購入しました。約8万円でした。

ちょい

テレビって10万以上するイメージだけど、全体的に安くなっています。

リビングに置いて見ていますが、4Kなのですごく綺麗に写ります。テレビを買い替える前は、テレビドラマで俳優さんが彼女とラインでやりとりしてる画面の後、急に走って家を飛び出し女優さんを探すみたいなシーンで、ラインの文字が見えなかったです。テレビを買い替えた後は、読めなかった携帯画面の文字が、くっきり読めるようなりました。

ニュースやワイドショーなど、端の方にワイプ画面が表示され、お天気やテロップなど、一つの画面上で見るところがいっぱいある場合も、はっきり読み取れます。画面が鮮明なので、ワイプ画面のお気に入りの俳優さんの表情が見えにくいなということがありません。

AndroidTV機能のあるシャープの4K液晶テレビ最新型は下記になります。シャープなので、映像がすっごく綺麗です。ディズニー映画の「アラジン」を見たら、極彩色の宮殿の細かい装飾がくっきり写っていて映像美に感動しました。実際に宮殿に行ってみるより、綺麗に見れてると思います。

AndroidTV機能のあるシャープの4K液晶テレビ最新型

AndroidTVのメリット

YouTubeを最大限楽しめる

AndroidTVの最大のメリットはストレスなくYouTubeを楽しめることです。正直、AndroidTVでYouTubeを見始めるまでは、YouTubeをなめてました。子供がYouTubeを携帯やipadで見ていた時は、こんなつまんない動画見てーって思っていたのです。

でも、YouTubeをテレビと同じ土俵で見たら、普通に見続けられます。大画面でテレビと同じ規格でYouTubeを見たら、テレビ番組のバラエティ番組と同じ内容だなって気づきました。

YouTubeを見直した後、YouTubeはテレビ番組よりCMが少なく、検索すれば目的の番組が見れて、時間の有効活用ができることがに気づきました。今ではテレビ番組より見る時間が多いです。

YouTubeをテレビで見る良さ

目に優しい

携帯でYouTubeを見続けていると、どうしても画面と距離が近くなってしまいます。テレビでYouTubeを見れば、近づきすぎることなくYouTubeを見ることが出来ます。

子供が何を見ているか把握できる

YouTubeは携帯やiPad、ゲーム機でも見ることができますが、我が家ではYouTubeはテレビで見ることになっています。子供部屋に持っていって延々と見られたら、管理できなくなってしまいますからね。YouTubeはリビングで見てもらい、1日2つまでとルールを決めて見せています。

起動が早い

AndroidTVのリモコンには、YouTubeボタンが付いています。YouTubeを見たい場合は、テレビの電源を押してリモコンのYouTubeボタンを押すだけ。2クリックで見れるので、ipadのように指紋認証していろいろあるアプリの中からYouTubeアプリを探す手間なし。

エクササイズ動画が見やすい

我が家では、YouTubeでヨガやダイエット系のエクササイズ動画も見て、家族でエクササイズをしています。大画面に映し出されているので、オンラインレッスンを受けてるような間隔でエクササイズできます。恥ずかしいので、あまり言わないようにしていますが、このブログを書いている「choi」は逆上がりもできない運動音痴の運動嫌いです。小一の娘も同じく逆上がり出来ません。

逆上がりもできない運動苦手な親子ですが、YouTubeでのエクササイズは続けられてます。

AndroidTVが4K映像品質にしてくれる

YouTubeって携帯で見ると、すっごい画像があらい動画がありませんか。それを大画面で見たら見るに耐えないと思いますが、AndroidTVで見るとYouTubeの映像がすごく綺麗に見えます。

それはなぜかというと、AndroidTVが勝手によい画質にしてくれてるから。4K-Master アップコンバート プロという機器が内蔵されていて、ノイズを消してくれているんです。

Google Playでゲームやアプリがダウンロード可能

Android TVはあらかじめテレビに入っているコンテンツだけでなく、Google Play(グーグルプレイ)のTV用アプリを好きなだけダウンロードすることが出来ます。

有料動画サービスのプライムビデオやDisney+も、リモコン操作でGoogle Playからテレビにダウンロードして使用します。有料動画サービス以外には、ニュースアプリ・ゲームアプリ、知育アプリもあります。

インターネットブラウザのアプリをダウンロードすれば、音声認識でインターネット検索もできるので、子供と一緒にちょっとした調べ物をするときに便利です。夏休みの自由研究とか、2人で調べるには画面が大きい方が見やすいです。

音声操作ができる

AndroidTVにはGoogle アシスタントがあらかじめインストールされているので、リモコンに話しかけるとテレビが操作できます。

音声操作ができるので、6歳娘でもリモコンボタンを押しながら「ガチャピン ラジオ体操」等を検索して、長期休みにラジオ体操をやったりしています。

他には、天気を知りたい時に「今日の天気 東京」とか、大きいシャボン玉を作り方を知りたい時に「シャボン玉 作り方」等、リモコンに話しかけています。

Amazonプライムビデオでアニメや映画、ドラマが見放題になる

AndroidTVにインストールできるアプリでおすすめなのが、Amazonプライムビデオ(Prime Video)です。

AmazonプライムビデオはAmazonプライムに含まれているサービスで、月500円でアニメや映画、ドラマが見放題になります。我が家も加入していて、平日のご飯の時はプライムビデオのアニメを1つ見てよいということになっています。

最近では「シン・エヴァンゲリオン劇場版」と「LIVE TOUR V6 groove at SAITAMA」がタダで見れたことです。

他に、「鬼滅の刃」や「ポケットモンスター」等の人気アニメがCMなしで見れます。テレビ番組で見たいアニメがあっても録画予約が面倒だったり、録画し忘れていることがありますよね。AndroidTVでアニメを見たい場合、テレビ放送時間に合わせるとか録画予約するとか面倒なことはせずに、目的のアニメを音声操作で探すだけです。

プライムビデオがあれば面倒な作業をせず、自分が見たい時に見たい番組をすぐに見ることができます。

Amazon Musicで大画面に歌詞を表示しながら家族みんなで歌を歌える

Amazonプライムビデオを見るために加入したはAmazonプライムは、動画だけでなく音楽も200万曲が聴き放題になるサービスがあります。そこで、音楽が聴き放題になるAmazon MusicというアプリをAndroidTVにインストールしてみました。

Amazon Music(アマゾンミュージック)は家のテレビがカラオケのように使えて楽しいです。歌詞がTV画面に表示されるので、歌詞があやふやな歌も結構歌える気になりついつい大きな声で歌ってしまいます。

Amazon Musicをipadやスマホで利用すると、歌を聞いても口ずさむ程度でした。歌詞を見るのに、どうしても下を向いて歌うことになるので歌いにくさがあったのかもしれません。

AndroidTVで歌を聞くと、歌詞がTV画面に表示されるので確認しやすく、ipadやスマホより音もいいので、ついつい気持ちが乗ってきて歌ってしまいます。子供と一緒に歌うのも、ipadやスマホのように2人で見ると画面が見えないという問題がなくなって、歌いやすいです。

ちょい

AndroidTVで英語の歌を流しておけば、聞き流し学習になるかも

ディズニープラスなどPrime Video以外の有料動画配信サービスが楽しめる

Amazonプライムビデオでは、物足りない方にもAndroidTVはおすすめです。Disney+(ディズニープラス)やU-NEXTなどプライムビデオ以外の有料動画配信サービスもアプリを追加するだけで、楽しめます。

有料動画配信サービスは、どこでも好きな映像をいつでも見れるようにしているので、AndroidTVで見れば綺麗な画質で高品質な音で最大限有料動画配信サービスを楽しめることができます。せっかく有料サービスに登録しているのですから、綺麗な画面で見た方が、サブスクリプション代が回収できる気がします。

ディズニープラスを1ヶ月無料お試しできる時期があり試しに契約してみたら、映画館で映画を見るノリでおやつと飲み物を用意してじっくりディズニー映画を楽しむことができました。

現在は、ディズニープラスの1ヶ月無料キャンペーンはないのですが、U-NEXTやdTVなら一ヶ月無料キャンペーンがあります。毎月無料キャンペーンを利用していけば、半年くらいはタダで有料動画配信サービスを見続けることができます。

AndroidTVのデメリット

選んでいるうちに料理が冷める

AndroidTVのデメリットは、動画配信サービスのコンテンツが多すぎて選んでいるうちに時間が経ってしまうことですかね。テレビ番組だとNHKを入れても7チャンネルの中から選べばいいのですが、YouTubeとプライムビデオから選ぶとなると、コンテンツが多すぎていまいち決めきれないときがあります。

特段なにもみたいものがない時が要注意です。見たいものがないのに、ご飯を食卓に用意してからテレビをつけてしまうと、目の前にあったかいご飯があるのに「面白い番組ないかなー」とリモコン操作をし続ける羽目になります。特にラーメンを食べる際は、AndroidTVでプライムビデオやYouTubeをなんとなく見るのはおすすめ出来ません。

ちょいお

みたいものを決めてテレビをつけるべし

YouTubeが際限なく見れる

私が在宅ワークをしていることもあって、子にYouTubeを見せすぎてる時期がありました。夏休みなんてYouTubeを2時間見て、プライムビデオも1時間見て、これにゲームもしているのでひどいものです。

外遊びやかくれんぼ・レゴなど違う遊びをやろうと誘うと見るのをやめるので、朝4時に起きて仕事をする時間を作って日中は一緒に遊ぶことで、なんとかしました。

他には、定着するのに半年くらいかかりましたが、「YouTubeは2つまで!」と毎日動画が終わりそうな時に言い続けるのも、効果がありました。

でも、最新のテレビには利用時間を制限する機能があるそうです。

Google TVなら子どものYouTube等の使用時間を制限できる

ソニーから発売されているGoogle TV(グーグルテレビ)搭載のスマートテレビなら、ファミリーリンクアプリを使用してテレビの利用時間を制限できるそうです。

Google TVとAndroidTVって同じじゃないのって思いますよね。私も、同じグーグルが開発したものなので同じだろうと思っていたのですが、違うものでした。下記の記事で、AndroidTVとGoogle TVについて詳しく説明しています。

ちょい

Google TVはAndroidTVの進化版!

ちょいお

お子さんがいる家庭には、AndroidTVよりGoogle TVがおすすめです。

テレビ番組を見ないメリット

AndroidTVを買ってから、テレビ番組をほぼ見なくなりました。AndroidTVでは夫はプライムビデオ、子供はYouTubeを主に楽しんでいます。私にいたっては、平日昼間の昼ごはん食べてる10分のみテレビのニュースを見てるだけになりました。

ご飯時にテレビをつけると、子供がご飯に集中できず食べ終わるのに1時間以上かかることがあるので、ご飯時にテレビを見るのをやめました。

子供が朝見るEテレと録画でプリキュアを見る以外のテレビ番組を見ないようになってよかったと思うことを、書き出してみました。

時間が節約できる

「テレビ番組見ていたら、続きが気になって気付いたら1時間経っていた。」って言うことありませんか。テレビって続きはCMの後と言っておきながらすごく先延ばししますよね。CMが終わっても、その後に放送するドラマの俳優さんが「続きが気になりますねー」って話し始めるので、いいから早く続き教えて!とイライラしてきます。

続きが気になってイライラしながらも1時間番組を見た結果、ネットで調べればすぐわかるような情報だったりして時間の無駄と思うことがよくありました。その後、だらだらテレビ番組を見ないようになったので時間が増えた気がします。

見たくないニュースを見なくてすむ

テレビニュースを見ると、悲しい事件が多いですね。コロナ禍・事故・火事・虐待・大量虐殺などです。

私は虐待のニュースがすごく苦手ですが、世の中を騒がせるニュースの場合は連日虐待のニュースがテレビで流れていてどうしても目に入ってしまいます。夜眠れない時にふと思い出して、虐待をする人が世の中にいることが怖くなりさらに眠れなくなってしまうという悪循環です。いまだに、5年前くらいのニュースを思い出して、すごく嫌な気持ちになります。

テレビ・ニュースを見ないで、半年以上「虐待」の文字に触れないでいたら、やっと急に思い出してしまうということがなくなりました。見たくないニュースを見なくてすむようになったので、ストレスが減りました。

物欲が減る

テレビ番組では日々、新発売の製品・新名所・話題の人が紹介されます。ニュースでさえも天気と経済・政治などの必要なことは10分程度しか放送せず、あとはグルメやお得情報ばかりです。

テレビ番組を見ないことで段々と、新商品やランキング1位の商品=自分にとっていいものとは限らないと気づきました。そのため、テレビ番組やSNSで紹介されていた新しい商品を見たいので、とりあえずコンビニやドラッグストアに入ってなにか買ってしまうということがなくなりました。

テレビ番組を見ないことで新商品情報に踊らされることがなくなるので、自分にとって本当に必要なものが判断できるようになり自然と物欲が減ってきています。そのおかげで、月に9万節約できたので下記の記事で詳しく書いています。

CMを見る機会が減った

テレビ番組では、CMが多いですよね。小2の娘がよく見ているYouTubeにもCMは出ますが、すぐにスキップできるのでCM長いな〜と思ったことはありません。CMが珍しすぎて、たまにテレビ番組のCMをこんな商品出たんだーとじっくり見てしまうほどです。

テレビ番組をよく見てた頃は、CMの多さにイライラしていましたが、AndroidTV導入後はCMもエンターテイメントの一部として受け入れることができています。

AndroidTVを買ってテレビ番組を見なくなったので、チューナレスもあり!

AndroidTVを買って、時間が有効に使えるようになり、生活習慣の変化から節約もできて、ストレスも減ったので本当によかったです。数年後にテレビを買う際はチューナーレスにしたいです。

現在はチューナレススマートテレビでAndroidTVが搭載されているものは、ドンキかORIONか小さいサイズの謎ブランドかになってしまうので、ちょっと選択肢が少ない気がします。
せっかく大画面で見るなら、綺麗な映像を見たい。できれば、国内メーカーの映りと音にこだわった製品を買いたいとなるので、将来的にチューナレスでいいけど今はチューナー搭載の国産AndroidTVが私のおすすめです。

ちょいお

アマゾンでテレビを買う際は、長期保証をつけると安心です

AndroidTVを1年使った結果を踏まえて、今テレビを買うならこれ!

AndroidTVを1年使った結果、テレビで動画配信サービスが見られるようになって最高なので皆さんにAndroidTVやAndroidTVの進化版であるGoogle TV等のスマートテレビをおすすめしたいです。

これからのテレビに必要な機能
  1. 音声検索できる
  2. 4K
  3. 動画配信サービスが見れる
  4. 必要なアプリをインストールできる
  5. アプリの使用時間を制御できる(Google TV)
好きな時に必要なコンテンツが見れる!

5については今後AndroidTVも対応できるようになると信じて、1〜4の項目が必須項目になります。実は、まだ1〜4の項目がそろっているテレビは多くはありません。

東芝は2021年発売のテレビからAndroidを搭載していますが、アプリを追加できません。東芝のテレビの特徴としてタイムシフトマシンとして遡ってテレビ番組が見ることができますので、ご家族の方がテレビ番組をよく見るという場合におすすめです。

パナソニックのテレビは、Androidではなく独自のOSが入っています。パナソニックのテレビもアプリを追加できません。パナソニックは音を反響させて臨場感のある音でテレビを観れるので、映画等の長編番組を見る方におすすめです。

Google TVなら子どもが動画を見すぎるのを防げる

ソニーから発売しているGoogle TVは、AndroidTVよりさらに進化しており試聴時間が制限できるようになりました。小さいお子さんがいる家庭には、ソニーのGoogle TVがおすすめです。

今あるテレビの裏側に挿すだけ!
家にあるテレビを音声操作可能なGoogle TVにする

テレビが壊れたわけではないけど、スマートテレビが気になると言う方にはGoogle Chromecast with Google TVがおすすめです。なんと、家にあるテレビを簡単にスマートテレビにできちゃいます。

正直、今となっては安いテレビ買ってこのGoogle Chromecast with Google TVをテレビにさせばよかったのではと思います。AndroidTVを買ってしまったので、Google Chromecast with Google TVは買えないのですが。

「これ買ったら一瞬で今のテレビがスマートテレビになって、音声操作できるし、YouTubeとアマプラが大画面で観れるし、テレビ買い替えなくてよくなったよー」って言いたい。

映り込み防止機能付きAndroidTV

今のTVにして本当によかったと思っているのですが、昼の1時から3時くらいにテレビをつけると西日の映り込みで、黒っぽい部分に部屋が映ってしまってよく見ません。休みの日、家族で映画見るぞーと思っても、昼間だと日本映画とかファンタジーの森のシーンとか、ほぼ何も見えません。映り込み防止機能があるともっといいなと思います。

探してみたら、映り込み防止機能のあるAndroidTVが1つありました。

スマートテレビを価格で選ぶならTCL

国産のスマートテレビは10万円を超えるので、ちょっと高いですね。価格で選ぶならTCLがおすすめです。低価格ながら、必要な機能が揃っていてリモコンがすっきりしていて使いやすそう。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次